【ロカボとは?】

ロカボとは?

「Low Carbohydrate(ロー・カーボハイドレート)」の略で、直訳すると「低糖質」という意味です。
日本人が1日に摂取する平均の糖質量は約260g~300gと言われているのですが、その摂取する糖質量の目安を1日70g~130g(1食20g~40g)に抑えることで、“2つの効果”が生まれます。

【ロカボの2大効果とは?】

痩身と健康

まず1つはダイエット、もう1つは生活習慣病の予防です。
低糖質の食事を摂ることで太りにくくなることはよく知られていますが、さらに糖尿病の予防や治療にも効果があると言われています。

【“食べる量”よりも“何を食べるか”の方が大事!】

食べる量より食べるモノ

ロカブランのコース料理。
その最大の特徴は、カロリーよりも徹底して糖質をカットすることにこだわっているということです。
例えばダイエットでも、ひと昔前まではカロリー制限主体の食事法が主流でしたが、ここ数年はダイエット業界でも大きく風向きが変わり、今では「食べる量」よりも「何を食べるか」の方が大事だと言われるようになりました。

【糖質が多い食材とは?】

ズバリ“主食”と“砂糖”です。
ご飯、パン、麺類、シリアルなどの主食にはとってもたくさん糖質が含まれています。
また、砂糖はスイーツやお菓子だけでなく、清涼飲料水にも多く含まれているので要注意。
ロカブランのコース料理は、その主食(〆料理)と砂糖(デザート)も、ロカボになるように作られています。

【主食の糖質量を角砂糖に換算すると……】

糖質量

【ロカボダイエットまとめ】

  1. カロリーよりも糖質に気を付ける
  2. なるべく主食と砂糖を控える
  3. 代わりに、肉、魚、野菜をいっぱい食べる
  4. 食物繊維をしっかり摂る
  5. 外食はロカブランへGo!
ようこそロカブランへ